正社員でも大手が良いと一般的に言われていますが、じつは派遣会社に登録する場合も大手の派遣会社の方が働く上で助かることが多いってことをご存知ですか

派遣会社にもいい会社もあれば、ただ派遣させて働くだけでアフターフォローを全然行ってくれないなんていう派遣会社もたくさん存在します。

もちろん、昇給や悩み、派遣先で起きたクレーム時の企業間フォローも差が出てくることを理解しておいて損はありません。

今回の記事では派遣会社のアフターフォローの違いについてご説明します。これを読めば派遣会社のアフターフォローの違いがわかりますよ。

アフターフォローは大手の派遣会社が上です

いざ派遣に登録をしようと思った時、派遣会社は全て同じに見えますが、実は派遣会社にも中小零細企業から、大手企業まで様々あるという事を知っておく必要があります。

派遣会社は、地域によって独自の契約先を持つ地元密着型の派遣会社もあれば、大手企業から依頼される日本全国に支店を持つ派遣会社まで企業の規模は様々です。

地元の有力企業に派遣社員をどんどん勤務させている地元に強い派遣会社や、日本全国名の通っている企業をメインにしている、全国規模の大手の派遣会社など派遣会社の営業先や規模は全く異なります。

でもそんな派遣先に人材不足があると、その派遣先から要請を受けた下請けの様な派遣先が、自分たちのスタッフを請負として派遣する場合が多く、法律をギリギリ回避する形で勤務はしたは良いものの派遣先と同じ業務内容なのに、フォロー面が全然違うと言った点も出てきます。

なので働く場合は、大手の派遣会社を選んだほうが何かあった場合のトラブルは全て担当が問題解決を行ってくれるので、気分的に楽な面もあります。

勿論仕事の面での問い合わせや、苦情、悩みなどを相談する場合のアフターサポートは、雲泥の差があるのも派遣会社次第です。

派遣会社独自の様々なスタッフ保持のサービスも多く、長期勤務功労ボーナス(欠勤無・遅刻無)等の本来派遣社員は貰えないはずのボーナスを、派遣会社が出す仕組みはやはり大手に目立つサービスです。

当然開業したての新規派遣会社では無理な制度も、大手は人材確保の為、しっかりと対応している面は金銭的な面でも違いが出てきます。

金額を稼いで次にステップアップするか、じっくり根を下ろしその業種で生きるかは働き方次第ですが、やはり最終は人間関係とも言われる最近の職場事情は、味方になってくれる担当が踏んだ場数の分だけ経験があるかないかで決まってきます。

その点、大手のノウハウは中小の人材派遣会社より経験豊かな面があるので、働く際は一つの基準として選ぶことも長く働く上では必要なのかもしれません。